育毛に効果のある成分を含んでいるのではないかといわれている「ノコギリヤシ」。

 

この「ノコギリヤシ」は、本当に育毛効果があるのでしょうか?

 

「ノコギリヤシ」について詳しく調べてみました。

 

ノコギリヤシは前立腺肥大症に効果がある

「ノコギリヤシ」は、前立腺肥大症や頻尿に悩んでいる方にとっては身近な成分となっています。

 

たくさんのサプリメントが販売されていますね。

 

「ノコギリヤシ」は正式には、ノコギリパルメットという小さなヤシ科の植物で、アメリカ東部やメキシコなどに生息しています。

 

「ノコギリヤシ」の果実には脂肪酸が多く含まれており、そこから抽出される「ノコギリヤシエキス」は、前立腺肥大症の治療薬として研究されており、頻尿などに効果があるのではないかと考えられています。

 

前立腺肥大症の原因はまだきちんと解明されているわけではないのですが、男性ホルモンの「テストステロン」が変化した「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンが影響していると考えられています。

 

この「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンは、男らしさを保つ上で重要なものなのですが、この影響が強すぎると前立腺に悪影響を与え肥大化してしまうということですね。

 

そしてこの「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化するには、「5αリダクターゼ」という酵素(5α還元酵素)が作用しています。

 

まだ解明されたわけではないのですが「ノコギリヤシエキス」は、「5αリダクターゼ」酵素の働きを阻害する働きがあるのではないかと考えられており、前立腺肥大症に悩んでいる方によく利用されているということですね。

 

「ノコギリヤシエキス」は薄毛改善効果があるのか?

男性型脱毛症のメカニズムとして、前立腺肥大症と同じように「ジヒドロテストステロン(DHT)」がかかわっていると考えられています。

 

「ジヒドロテストステロン(DHT)」を発生させないためには、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する「5αリダクターゼ」酵素の働きを抑えることが大事になってきます。

 

そしてこの「5αリダクターゼ」酵素の働き(5α還元酵素の作用)を阻害する治療薬のことを、「5α還元酵素阻害薬」と呼ぶのですが、薄毛改善効果のある男性型脱毛症(AGA)治療薬として有名な「プロペシア」に含まれている「フィナステリド」という成分は、5α還元酵素を阻害する効果があるものとして認可された治療薬なのですね。

 

この「フィナステリド」は現在男性型脱毛症(AGA)治療薬として有名ですが、もともとは前立腺肥大症の治療薬として使われていました。

 

すると「フィナステリド」を使用している前立腺肥大症の患者の多くに、脱毛が止まったり、発毛をしてきたりなど薄毛が改善してきた人がたくさん出てきたんですね。

 

この偶然の出来事から、後に「フィナステリド」が男性型脱毛症(AGA)治療薬として開発されました。

 

話を「ノコギリヤシ」にもどすと、前立腺肥大症治療薬の「フィナステリド」に薄毛改善効果があるのなら、同じく前立腺肥大症に効果があるのではないかと考えられている「ノコギリヤシエキス」も薄毛改善効果があるのではないかと考えられているということですね。

 

アメリカでは「ノコギリヤシ」による実験が行われたことがあり、この実験は10人の男性型脱毛症の人に6か月間ノコギリヤシを服用してもらったところ、10人のうち6人の脱毛症が改善したというものでした。

 

目的:本研究の目的は、AGAの治療において、植物から得られる5AR阻害剤、特にliposterolicノコギリヤシ(LSESr)の抽出物およびβ-シトステロールを試験することでした。
結果:このパイロット研究の結果は、治療に非常に肯定的な反応を示しました。 盲検調査スタッフの評価報告書は、最終訪問時に改善されたように、活性研究製剤を投与した(6/10)調査対象者の60%が評価されたことを示しました。
結論:この研究は、自然に初めてAGAに対する5AR阻害を生じるの有効性を確立し、より大きな臨床試験への拡張を正当化します。

「ノコギリヤシエキス」の育毛効果の疑問点

ただこの話にはちょっと疑問点もあります。

 

期間が6か月と短く、その服用量も不明なので実験データとしての信ぴょう性が低いと考えられています。

 

またそもそもノコギリヤシに前立腺肥大症の改善効果があるのかも、疑問を呈されているようです。

 

ノコギリヤシに関する小規模試験では、BPHの症状の治療に有効である可能性が示唆されています。しかし、高齢男性369人を対象とした2011年にNCCIHが共同でおこなった試験では、ノコギリヤシ抽出物を最大で標準日用量の3倍(320 mg)投与しても、プラセボと比較してBPHに関連する泌尿器症状は軽減されませんでした。さらに、2009年のレビューでは、ノコギリヤシはBPHに対してプラセボと同等の効果しかないという結論が出されています。

 

しかし一方ノコギリヤシの果実エキス「ノコギリヤシエキス」はヨーロッパのフランスやイタリアなどの国で医薬品として認可されているんですよね。

 

実際に医薬品として使用されており、前立腺肥大症の改善効果もあるとされています。

 

BPHの男性で比較臨床試験では、1〜3ヶ月のために一日二回160 mgをレペンスセレノアの経口投与は、排尿障害などの自覚症状、ならびに客観的パラメータを改善する上でプラセボに対して、一般的に優れていました。
日中頻尿が43%に11減少し、ピーク尿流量はノコギリヤシで50%に26増加して夜間多尿の頻度は、33〜74%減少しました。
プラセボに対する対応する値は、35%に13〜39%、1〜29%と2でした。 適度なBPHと> 1000年の男性は6ヶ月に一回、毎日毎日またはフィナステリド5mgの二回ノコギリヤシ160mgのに無作為に割り付けされた日付に行わだけ大規模な比較試験は、2つの薬剤の間で同様の有効性を実証しました。

 

このようにノコギリヤシの前立腺肥大症の改善効果は、海外では認められ医薬品にもなっているが、日本ではまだ認められていないというところが、現在の状況といえるのでしょうね。

 

結局ノコギリヤシに薄毛改善効果は?

ここまでお話ししてきたように、「ノコギリヤシ」に前立腺肥大症や男性型脱毛症(AGA)を改善する効果あるということが日本では医学的に解明されてはいません。

 

ですのでヨーロッパで医薬品として処方されているのとは違い、日本ではサプリメント(食品)として販売されているのですね。

 

しかし日本でも、ノコギリヤシエキスをサプリメントとして摂取している方はたくさんおり、いろいろな効用を実感している方も事実なんですよね。

 

確かにプラシーボ効果に過ぎないという話もありますが、これはもう摂取をしている本人がいいか悪いのか、効いているのか効いていないのかを自分で判断するしかないということでしょう。

 

フィナステリドは男性型脱毛症の治療薬として認められていますが、一定の副作用があることも事実です。

 

その点ノコギリヤシは食品なので、過大に摂取しない限りそれほど副作用の心配を考える必要はないようです。

 

まとめ

「ノコギリヤシ」は、前立腺肥大症や男性型脱毛症に効果があるといわれている。

 

ヨーロッパでは、前立腺肥大症治療のための医薬品として使用されているが、日本では効果が解明されておらずに食品(サプリメント)として広く利用されている。

 

「ノコギリヤシエキス」は、「5αリダクターゼ」酵素の働きを阻害する働きがあるのではないかと考えられているが、その詳しいメカニズムはいまだ解明されていない。

 

日本ではあくまで食品としての扱いなので、それを考慮して利用するといいのではないでしょうか。

 

いろいろな育毛剤が日本でも販売されていますが、ノコギリヤシエキスが入った育毛剤もよく売れているようです。

 

これまで育毛剤にあまり効果を感じたことのないという方は、一度「ノコギリヤシエキス」入りの育毛剤を選んでみるのもいいかもしれませんね。